【doctor blog】サルコペニア1

投稿者: | 2014/09/21

【加齢に伴う動脈硬化や、がんのような加齢関連疾患の発症確率を下げ、「健康長寿」をめざす・・・】

当院はこんなテーマを進めていく「日本抗加齢医学会」の学会認定施設(専門医3名、認定指導士2名)であります。

 

この学会は「加齢」を一つのサイエンスとしてとらえ、様々な視点からそれを解明しつつ、

同時に従来の「薬」に頼る医療だけでなく、

「食事」、「運動」、「精神」なども取り入れて「予防医学」を実践・追求しています。

 

一般的な病気の話以外にもこの「アンチエイジング」の話も同じように投稿していけたらな、と考えております。

今回はさっそくの第1回目(で、さっそくの単回で終わらないテーマ。。)・・・・です!!

 

———————————————————————————————————————————————————-

「年のせいで筋肉が衰えた」とか「足腰が弱まった」とか・・・

こんなセリフよく耳にしませんか?

もしかしたらよく口にしていませんか?

そして、そう感じておられる方・・・「年のせい」とか「加齢のせいで」・・・と考えて放置していませんか?

 

今回からの数回は「加齢よる身体能力の低下」についてお話しさせて頂きます。

今まで「年のせいで」としていた状況は予防でき、改善できるかもしれませんよ??

 

 

実際「足腰が弱まる」等の現象は、長い間 自然な老化過程で生じる現象 と受け止められ、病気ととらえる発想すらされませんでした。

しかしここ数年この「筋肉が加齢とともに衰え、身体能力が低下すること」を一つの病気と捉え認識され直すようになってきました。

 

それが

           「サルコペニア (sarcopenia : sarco=肉 + penia=減少する) 」です。

 

 

定義は・・・

             身体的な障害や生活の質の低下や死などの有害な転帰のリスクを伴うものであり,

             進行性および全身性の骨格筋量および骨格筋力の低下を特徴とする症候群

です。。。

 

 

EWGSOP(European Working Group on Sarcopenia in Older People)っていう学会 が下記を用いてサルコペニアを診断すると決定しました。

                          1. 筋肉量の低下

                                                                                                      2. 筋力の低下

                                                                                                      3. 身体能力の低下

                                                                       (上記基準1 の存在と,基準2 または3 の存在にて診断)

sarcopenia 診断基準チャート

 

 

具体的なこれらの評価方法としては・・・

                                                                        1. 筋肉量☛☛☛ CTスキャン, MRI, 二重エネルギーX線吸収測定法(DXA)

                                                                                                      生体インピーダンス分析:生体インピーダンス分析(BIA)

                                                                                                    (身体測定法: 上腕中央周囲径、ふくらはぎ周囲径)

                                                                       2. 筋力☛☛☛ 握力測定

                                                                                                  膝の屈伸筋力測定

                                                                                                  最大呼気流量測定

                                                                       3. 身体能力☛☛☛ 簡易身体能力バッテリー

                                                                                                          通常歩行速度

                                                                                                          Timed get-up-and-go テスト

                                                                                                          階段駆け上がりパワーテスト

が挙げられます。

 

かなか分かり辛いかもしれません。

話を砕くとコウです。

            「加齢で筋力が衰えてきている人(サルコペニアの人)は歩行速度が遅く・握力が弱い傾向にある」

 

誤解しないでくださいね?

早く歩く練習をする… とか 沢山手をニギニギしたり…したからといってサルコペニアは防げませんよ!?!?

 

じゃ、どんなことをしてサルコペニアを予防、そして対処していくか・・・

 

は・・・

 

次回以降でお話しさせていただきます。。